大学生の時にやっていたリゾートバイト…地獄編③

姉の影響を受けて、リゾートバイトを始めた私。最初は沖縄でのほほんと、リゾバ生活を送り、楽しかったざんまい。次の機会に行ったのは、ある温泉地。そこでは、社会の現実をまざまざと見せつけられた感じがしました。最初は休みの日でもねれない日々。沖縄からの差がすごすぎて、体も心もびっくりしてたんでしょうね笑 まぁ、詳しいことは前を読んでください笑

で、続きを、、、、

初めは、なんでこんなに教えてもらえないんだろうって思ったんですけど、少し動けるようになると、どれだけ時間と余裕がないのかっていうのもわかりましたし、毎日大まかなルーティンは変わらないので、そこは食らいついたら自分で覚えられるということをみんな体験しながら、仕事をこなしてきたから、きっと新しい人にもそうなんだろうなって思いました。

そこで、私、個人としての提案を一つ。

全然関係ないことだし、こんなこと私がこのブログで提案したって仕方ないんですけど、、、

「初めての職種の時、派遣先に着くまでに、派遣外車の方で軽く研修みたいなことをしてくれるといいのになぁ」って思いました。

まぁ確かに、派遣される先によっては全然意味のないことかもしれないですし、同じ仲居という職種でも、派遣先によって求められる仕事が違う事はよくあります。だからあまり意味のないことかもしれないんですが、少しの知識があるだけで、全然違ったのではないかな?って今更思ったりします。

なんて、もうリゾートバイトをしなくなってしまったOGからの提案でした。

リゾートバイトって即戦力なんですよね。でも、その即戦力になろうとする人たちは、圧倒的に、社会をまだまだちゃんと味わってきてない人たちでしょ。大学生が多いんだから。だから、もうちょっとサポートシステムを強化するのもいいんじゃないかなって思ったりするんですよね。

これは、大人になってきたからわかることなんですけどね…

次に続けてもいいですか??